スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漢検】小4で2級まで(1) 

わが家の漢字検定へのとりくみをまとめています。
■たいちゃん、小1で9級まで
■たいちゃん、小2で6級まで(1)
■たいちゃん、小2で6級まで(2)
■たいちゃん、小3で5級まで
■ホナ、小1で9級まで

小3の6月に5級に受かったたいちゃん、次は中学校レベルの4級に挑戦!
やる気はあるのですが、コツコツ勉強はしたくない様子。
そのうえ、小3で地図ブームが再来したため、漢字熱は少しクールダウン。
夏休みなど、こまめに声掛けして、少しずつ勉強(おもに、語彙やニュアンス、文章としての使いどころ、四字熟語など)を進めました。
運悪く、小3のうちは受けそびれてしまったので、小4の6月にあらためてチャレンジ。

結果。

たいちゃん小学校4年6月、4級合格!(183点/200満点)
4級:中学在学レベル(おもに読みこなし)、新規文字数316字(増え方エグイ)

相変わらずの、部首と送り仮名は完璧。
6級で苦労しまくった「熟語の構成」も慣れたようで、満点でした。
4級で苦労したのが、「誤字訂正」で、5問中3問間違い。
文章題(新聞記事のような文章が多い)の要素も出てくるので、文そのものの意味も小4には理解しにくく、惑わされやすいのかも。

勉強方法としては、このレベルまでの漢字単体のデータは完璧なので、
とにかく語彙や熟語の知識、ニュアンスや使いどころの経験値を増やそうと思いました。
なので、ネットの無料プリントで「読み」をひたすらやらせて、
あとは、中学3年分の漢字ドリルをやらせました。
もちろん、ゲームやyoutubeで釣りながら・・・(^^;)
本人あまり熱意がなく、中学3年分のドリルは、試験前までには、結局中学1年生の分しか終わらなかった(-_-;)
4級の四字熟語は、過去問をやって復習しておけば大体カバーできるレベルでした。



つづきまして、3級。



4級でできなかった中学の漢字ドリル3学年分をやらせて、問題集と過去問をやらせました。
あと、問題集にのっている4字熟語を印刷して、トイレに貼っておきました。

たいちゃん小学校4年10月、3級合格!(182点/200満点)
3級:中学卒業レベル、新規文字数285字

問題を見ていると、4級と3級では難易度の差はあまりないような気がしました。

大人としては、「匿う」「果敢」など、”読めるけど書けない”っていうタイプの漢字が増えてきたなという印象です。(^^;)
なので、たいちゃんのマル付けをしていて、意味の説明はできるけど、「ママ書けないから自分で調べて」なんてことも多々ありました。
小4たいちゃんにとっては、意味のピンとこない熟語が多く、「対義語」「類義語」あたりで苦労していました。
辞書ばっかり読んでいて、本や新聞をまったく読まないので、語彙が貧弱なんですよね・・・。




つづきま~す。




コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。